バドミントン医学生ぬーみんの、目指せ復帰な日々

某大学の医大生が残り僅かのモラトリアムを楽しもうとした矢先の大けがを克服していくブログ(予定)

最近のリハビリ

眠れないアル、毛ほども眠くないネ・・・

どーも、ぬーみんです。さっきまで執拗にネトストしてたせいで眠れなくなりました。明日から実習あるのに。でも大ファンの某カリスマブロガーの正体を暴くことが出来ました。満足満足(3連休唯一の成果)。

 

さて、今日はマジでどーでもいい話題、ぬーみんの最近のリハビリについてです。

毎日

  • 膝屈曲(130~145度)・・・まだふくらはぎは太ももにぴったりは付きません。
  • マッサージ・・・適当
  • 足上げ(大腿直筋用)・・・50回~100回
  • 足上げ(内側広筋用)・・・50回(MCLが不安定なせいでまだ怖い)
  • 某大式足踏ん張り・・・某大のPTさんが考えたらしいです。椅子に浅く腰かけて膝を90度曲げて、背筋をピンと伸ばしたまま少し前屈し、足に体重を乗せて行ってふんばる。かなり効きます。
  • アイシング・・・実習で歩き回るせいか、まだ腫れを感じます

2日に1回ぐらい

  • 腕立て伏せ・・・20回×2
  • ボトル二の腕・・・50回。900mlのペットボトルを持って二の腕を鍛える
  • 背筋・・・50回
  • 腹筋・・・ひねりあり。20往復+10往復

そして終わった後のソイプロテイン。これがたまらんのだよなあ、うまい!!!

 

本当はスクワットやジョギングも取り入れたいのですが、今はまったくもって無理なお話です。このメニュー見てたらリハっていうかダイエットやんって感じですね。

膝が治ったらバドの代わりに水泳を始めようかなって思っています。ちなみに今のところ、私はトンカチです。鋼のトンカチ!!泳げません!!幼稚園に入る前に行っていたスイミングスクールでは無理やり顔を浸けられたことにチビぬーみん激怒して即退会。小学校では何とかクロール25mを泳ぎったものの、中高はプール自体がなく水に触れる機会なし。

 

最近、かなり膝の可動域もよくなって杖なしでも歩き回ることは怖くなくなりました。がそれはサポーターをしていることが大前提です。家で座っているときはよくサポーターなしでもげ伸ばしをしているのですぐには動き出せません。

そして今日、案の定サポーターなし(おまけに髪の毛ぼさぼさ)の状態でピンポンがなりました!!

(あーー動けへんーー、得意の居留守で状況打開やーー)

AMAZONは頼んでないから宅配じゃない。NHKは払わされてる。うるさいネットの業者か文句を言いに来た大家さんか?しかしじっとしてやり過ごそうとしてもポストごそごそ、ピンポンは3回も鳴るじゃないですか。しつこい!泥棒か!?まって、もしかして覗いてる?いや本当に怖かったですよ・・・

 

実は、ピンポンの主は貸していた本を返しに来てくれた彼氏でした。しかも差し入れにPAPICOも持ってきてくれたのに・・・ごめんよ、彼氏様。でも事前に連絡してくれ。

プレゼンのコツ

こんにちは、3連休なのに台風とは関係なしに家にひきこもるしかないぬーみんです。

ここ数年の台風の威力があがって台風が来るたびに大きな被害が出ていますよね・・・温暖化の影響かな?

 

さて、今日は医学とは関係のないことですが社会人として必ず必要なもの、そう、プレゼンについてです。

私もめっちゃ緊張してしまうのでプレゼンが苦手です。たぶん経験不足と練習不足が原因なのでしょうが。

この前実習で先生がコツをまとめたプリントをくれたのでここでまとめたいと思います。(T先生ありがとうございます。)

 

まず、なぜ医師がプレゼン力=説明能力が大事なのか。それは患者さんに自分の考えていることを伝えて安心してもらい、信頼関係を築くために必要だからです。

極端に言えば医師の常識は患者の非常識で、患者の常識は医師の非常識というぐらいには知識の乖離があります。ということは医師は気を配らずに患者さんに説明をしてしまうとなにも伝わらなかったということになります。患者さんからしたら医師がわかるように説明してくれなかったと感じると不信感を抱いてしまいますよね。

医療行為が満点でも説明がうまくできないだけでマイナス評価になり、逆に医療行為が90点でもうまく信頼関係を築けばプラス評価になるということが実際によくあるそうです。

 

注意するポイント

1.何を最も伝えたいか、伝えるべきかをまず考える。

  • 経過表やレントゲンなどの図を提示する
  • 順序立てや強調したい点は
  • 変化した点を具体的に示す

2.頭の中で組み立てて1度は練習する。

  • わずかな時間でも予行演習することで本番でより落ち着くことができるはずです。この作業の積み重ねが大きな差につながります。

3.ほかに人のプレゼンを参考する。

  • 個人的な意見ですが、教授の先生はプレゼンがうまいと思います。また、MRさんは日々企業内研修で腕を磨いているのでどこがうまいのかを参考にすることができるでしょう。
  • 自分のプレゼンがどうだったかについて周りからのフィードバックをもらうことも大切です。客観的な意見を取り入れることでプレゼンを改善するすることができるでしょう。

4.時間を守る。

  • 実は話を短くまとめるほうが長く話すことは難しいです。
  • カンファでは最長3分、学会では5分が制限時間です。聞き手の集中力はせいぜい5分程度でしょうか。
  • 詳細については聞き手から質問が出れば答える程度でOKです。

5.前を見てプレゼンする。

  • 原稿の棒読みでは聞き手の心はつかめません。短いプレゼンならいうことは丸暗記していくことが望ましいです。
  • 自信をもって、どや顔で!!最後列の聴衆に話しかけるぐらいの気持ちで!!

6.相手に何が伝わったかが重要。

  • 相手が患者さんのような一般人なのか学生なのか、それとも先生や専門家なの科によって言葉の選び方やスピード、例示の仕方を考えることが必要です。

 

呼吸機能検査(後編)

こんにちは、ぬーみんです。

昨日、映画『ダンケルク』を見てきました。IMAXの大スクリーンでの上映で、本当に迫力がありました。銃声や爆発音が臨場感満載で怖かったです。ただ、カメラアングルがリアルさを求めすぎていて、戦闘機シーンと船上のシーンで乗り物酔いをしました。ここだけ苦手な人は注意ですね。

この映画は誰かの物語というよりも過去の現実を自分が体験をするためのものではないでしょうか。あと、私は気づかなかったんですがノーラン監督は都合が悪くなると逃げだすところをBrexsitの暗喩として描いているんじゃないかって話もききました。

 

さて、前回の続きですね。

 

●機能的残気量

主に3つの方法があります

  • ヘリウム閉鎖回路法:閉鎖回路で体内で代謝されないヘリウムを吸い、希釈率から機能的残気量を求めます。初めの容器に入ったヘリウム濃度をC1,容器とチューブの容積をV1とすると、この時のヘリウム容量=C1 × V1となります。次に被験者は回路内で呼吸します。ある程度呼吸を繰り返しているとヘリウムガス濃度が平衡状態に達します。その時の濃度はC2,容積は容器とチューブのV1に機能的残気量のV2を足したもの、つまりヘリウム容量はC2 × (V1 + V2)。ヘリウムが代謝されないことから次の等式が成り立ちます。

         C1 × V1 = C2 × (V1 + V2)

 

  • 体プレチスモグラフ法:被験者に密閉した大きなボックスに入ってもらい、ボイルの法則を利用して測定する方法です。

 

  • 窒素洗い出し開放回路法:純酸素で呼吸して肺内の窒素(N2)を全て除去したのち、除去された窒素の量から残気量を測定します。

 

詳しくは

日々是好日~ゆっくりゆっくり生理学~: 呼吸生理_11  (しくみ)

窒素洗い出し曲線(N2単一呼出曲線)とクロージングボリュームについて分かりやすく解説します | 人工呼吸器学習サイト  (しくみ)

機能的残気量(FCR)の測定方法 | 人工呼吸器学習サイト  (利点・欠点)

 

 

●肺拡散能力

拡散能を表す数値はDLcoです。この検査ではHbと結合しやすい気体として何と一酸化炭素が使われます。

まず、ごく低濃度のCOを吸入して数秒間息を止めます。すると気体は間質を通過して速やかにHbと結合して呼出される量はほとんどなくなります。

しかし間質の透過性が低下しているとCOがHbと結合せずに呼気に出されます。この呼気中のCOからDLcoを求めます。

ちなみに息を止めている間に死腔へCOが拡散してしまうので前段階で機能的残気量を測定しておくことが必要です。

呼吸機能検査(前編)

こんにちは、実習科の先生全員の間で有名になってしまったぬーみんです。しかも隣の科の先生にも知られてるし。はーー、心折れそう・・・

 

今日は呼吸機能検査の数値の意味と検査の仕組みについてまとめたいと思います。

 

フルセットで呼吸機能検査をする場合、4つのパートに分かれます。

  1. 1回換気量、肺活量
  2. フローボリューム曲線
  3. 機能的残気量
  4. 肺拡散能力

1と2のみ測定する場合が多くポータブルのスパイロメーターで計測することができますが、4まで測る場合は専用の検査室にあるような大きなものでないと図ることはできません。

 

●1回換気量・肺活量

「1回換気量」の画像検索結果

国試勉強でよく見る例のグラフですね。

1回換気量(TV)は楽に息をしているときの呼吸量で正常値は約500mlです。あとは上の図を見ればわかると思います。この検査では残気量を測ることはできません。

 

●フローボリューム曲線

haiki04

これもよく見るグラフです。縦軸では呼気は上に、吸気は下に向かい、スピードが速くなるとより上(下)にいきます。また、横軸で左方に行くほど肺内の空気が多く、右方に行くほど肺内の空気が少ないことを表します。

①:正常

②:肺気腫(閉塞性肺障害:肺気量が異常に大きいことから推定される)

③:肺線維症(拘束性肺疾患)

④:COPD+慢性気管支炎(閉塞性肺疾患:軽症の場合は肺気量の変化なく下に凸になるのみ)

⑤:上気道閉塞

肺が膨らまずに十分に吸い込めない場合、形はそのままで肺気量が小さくなり右に偏位します。逆に末梢気道が閉塞して息が吐きだしにくい場合は急激に流速が小さくなるため、下に凸のグラフを示します。

詳しくはこのサイトに全部書いてあります(丸投げ)

 http://tnagao.sblo.jp/category/1426268-1.html

 

ちなみに曲線の前半部分は本人の努力ややる気が反映されます(施行ごとに傾きが変わる)が後半部分は必ず傾きが一致します。理由は後半部分は随意の呼吸筋が関与せずに肺の間質が押し縮めているかららしいです。

 

続く・・・

9月に入ってからのリハと2回目の診察

こんにちは、夏休みも終わり病院実習が再開しました。 

自転車ではなく電車で某大病院に通うことにもすっかり慣れて、最近では片松葉杖で歩くようになりました。 

 

でも、膝のケガのせいで先生方にもカリキュラムの変更で多大な迷惑をかけている上に担当の患者さんとご家族にまで心配されてしまいます。なかなか心の折れる実習になりそうです。先生方のご好意もあって外病院実習は免除してもらって全部大学病院で実習させてもらっています。市中病院は大学病院とはまた違った良さがあるので行けないのは少し残念です。まあこの状態で朝早くに通勤ラッシュに巻き込まれても踏ん張りがきかないので危ない、ってことで妥当な判断でしょう。

あとスタッフ患者関係なく好奇の目で見られているような気がするのもつ辛いですね。もう慣れましたけど。 

 

リハビリは週に1~2回に減りました。可動域は1hぐらいほぐして先生に曲げてもらうと145°まで曲がるようになりました。やったね!!

家では曲げるのは引き続きで、大腿四頭筋の筋トレも取り入れています。

今の問題点は実習にせいで夜はすぐに眠くなるので時々リハをさぼっちゃうことですね。

 

この前2週間ぶりに整形外科の先生に診てもらったら、「順調だけど、可動域がまだ小さいし筋力なさすぎ」とのコメントをいただきました。まだまだリハが必要ですね・・・ほかに「左足だけきれいに細くなったやん」って言われました。なんもうれしくねーわ

手術の具体的な話はまだのようです。先生曰く、内側側副靭帯が保存療法で治るか治らないかによって手術規模が変わるのであと1か月ほど様子を見ないといけないそうです。

今決断しないといけないことは海外実習の日程です。規模が大きくなって手術1日枠を取る場合、さらに手術が遅れるかもしれないとのことです。すると、術後経過が悪かった場合実習に行けないことも考えられるので1か月遅らせようかなと考えています。海外で1人は不安だけど、行けないよりはいいでしょう。

 

将来のこと。

ケガをした直後は半年ぐらいで戻ってゆるく部活にでも行こうかな、西医体も出ようかなぐらいに思っていました。でも膝の診断を聞いてからはバドミントンをすることが怖くなってしまい、もう一生まともなバドミントンはしないと決断しました。スポーツに復帰すると再発率が跳ね上がるそうです。

 

あと、自分が医師としてどのような働き方をするか。キャリアと自分の幸せについて、考えさせられるきっかけがありました。どうなるんでしょうか。あまりにきつい科は避けるべきなんでしょうか。

肺区域の覚え方

こんにちは、昼ご飯をぬいて検査室でぶっ倒れそうになったぬーみんです。

最近太らないために炭水化物を減量したりそもそもご飯の量をへらしていたんですが、ついに迷走神経反射か低血糖かでやってしまいました。倒れそうになったの、これで何回目なんやろ・・・気をつけよ・・・

これで検査室2回、病理標本整理1回、手術1回しんどくなったことになりますね・・

 

 

さて、今日は肺区域についてです。これがなかなか覚えられないんですよね。CBTで丸暗記したのに全部忘れました。

 

〈右肺〉

  • 上葉(上)・・・S¹、S²、S³
  • 中葉(下・前)・・・S⁴、S⁵
  • 下葉(下・後)・・・S⁶、S⁷、S⁸、S⁹、S¹⁰

〈左肺〉

  • 上葉(上・前)・・・S¹⁺²、S³、S⁴、S⁵ (4と5は舌区と呼ばれる)
  • 下葉(下・後)・・・S⁶、S⁸、S⁹、S¹⁰

まず覚えるポイントは

  1. 基本2・3・5で分かれる。
  2. 左肺は1と2がくっついている。
  3. 左側に心臓がある分左肺は小さい。左にはS⁷がない。
  4. 左肺には中葉がない。かわりに上葉に舌区という部分がある。

次に区域の覚え方です。

youtu.be

ブロンコ体操というものがあるらしいですね。私はまだ覚えていませんが。

実は区域の番号付けには一定の基準があります。

「上→中(舌)→下、上から下、後ろから前、外側から内側」

これを1つ知っておけば覚えやすくなるのではないでしょうか。

「丸暗記しない、1つの法則から考える」っていう某MTM先生の声が聞こえてきそうですね。

 

聴診するときにもだいたいどのあたりが何の区域かわかるとカルテも書きやすくなります。次のサイトは超絶優秀な研修医の先生が教えてくれたサイトです。

http://gyoukouseiran.perma.jp/?p=5149 

 「胸側は上から1・3・5、背中側は上から2・6・10」って覚えると使いやすいんじゃないですかねー

 

先生にはついでに気管分岐についても教えてもらったんですがややこいので今日は割愛します。

 

最後に今日見学した気管支鏡検査についてザックリ!

〈目的〉

肺または気管支など呼吸器の病気を正確に診断するために、口または鼻からのどを通して気管支鏡(気管支ファイバースコープ)を気管や気管支の中に挿入して内腔を観察したり、組織や細胞、分泌物などの検体を採取する検査

〈適用〉

  • 血痰
  • 持続する原因不明の咳嗽
  • 胸部レントゲン写真やCT写真で肺に異常陰影がみられ、肺癌や感染症、炎症などが疑われる
  • 喀痰検査で癌細胞を疑う所見がみられる
  • その他、肺、気管支の原因不明の異常。

〈副作用〉

めっちゃ簡単にいえば、ガンっぽかったり原因不明の症状があるときに気管支を観察して、ついでにサンプルもとってこようっていう検査ですね。

かなり患者さんに負担のかかる検査なので原則1回ですべて観察してサンプルを取りきる必要があります。

急性心不全分類、Forrester分類

こんにちは、最後から2番目の夏休みがケガで消えるのをくっそーーーーって嘆いているぬーみんです。

今回は久々に医学ネタ、フォレスター分類をまとめようと思います。

 

フォレスター分類は急性心不全の患者に対して、スワンガンツカテーテルによって得られた数値で分類して重症度を評価する指標です。重症度評価は後の治療方針に影響します。

 

numin-yumin.hatenablog.com

 

以前にも書いた通りスワンガンツカテーテルで測定できる項目は

  1. 心内圧の測定
  2. 心拍出量(CO)の測定
  3. 酸素飽和度の測定

です。

 

f:id:numin-yumin:20170904210935p:plain

出典:http://med-infom.com/?p=974

 

 forestter分類で基準となる数値は

  • 心係数(CI) = 心拍出量(CO) ÷ 体表面積・・・末梢循環の指標
  • 肺動脈楔入圧(PCWP) = 左房圧・・・肺うっ血の指標

 つまりCIが低いほど末梢まで血が行き届いておらず、PCWPが高いほど左心不全症状の肺うっ血が強い、ということを意味します。

 

で、CIは熱希釈法によるCO測定から、PCWPは心内圧測定の機能で知ることができます。

 

  • Ⅰ群は正常。安静・経過観察。
  • Ⅱ群は肺うっ血なので水分を抜くか、体循環に血液を逃がさないといけません。利尿薬、血管拡張薬の投与・経過観察

  • Ⅲ群は末梢循環不全なので循環血漿量、つまり血管内の水分を増やさないといけません。輸液が有効。強心薬も使用される。(入れて叩く作戦)
  • Ⅳ群は循環が破綻しています(心原性ショック)。心臓を無理やり動かしたり拍出の補助をしなければいけません。強心剤の投与・大動脈内バルーンパンピング(IABP)・経皮的心肺補助(PCPS)

 このように全く治療が異なっています。状態を評価して適切に治療を選択することが救命につながります。