バドミントン医学生ぬーみんの、目指せ復帰な日々

某大学の医大生が残り僅かのモラトリアムを楽しもうとした矢先の大けがを克服していくブログ(予定)

術後2、3週目の生活とリハビリ

 こんにちは、ぬーみんです。

手術からだいぶ経過しました。が、相変わらず足台つき車いすでの生活です。本当に不便です。

車いす生活で改めて感じたことは世の中には段差が多すぎてバリアだらけであること。一人では全く移動できません。病院から医学部教務までのわずか50 mだけで3か所も乗り越えられない段差がありました。健康だったら絶対に気づくことはなかったでしょう。

 

さて今日は最近の生活について書いていきます。

 

2017/11/7 ~ 2017/11/13

リハビリでは術後1週目から膝関節可動訓練をします。まずは10度から75度。今までは20度で軽く屈曲固定していたので、ちょっとだけ膝を伸ばして大きく曲げる練習ってことですね。

あと、しっかりと膝蓋骨を動かす、特に上下方向!!

生活面では、病院実習に復活しました!!本当に看護師さんと周りの実習メンバーと実習科の先生方やスタッフの皆様のおかげです。特に車いすで行って内視鏡室に入れてもらって見学させていただけるなんて、なんとお礼をいっていいのか・・マジで邪魔だったと思います・・・

手術から1週間も経てば痺れは膝外側部を除いて完璧になくなります。痛みも膝屈曲の最初以外は全く感じません。何よりも筋力がなくなっていくのがわかります。

日常生活では車いす、トイレ、ベッドの移動も慣れて足を上げておくことも難なくできています。ただし油断は禁物です。慎重すぎることはありません。

 

2017/11/14 ~ 2017/11/21

2週間を超えると可動域訓練は5度から90度になります。さすがに90度はガイドワイヤーを通して血腫ができた部分と半月板の近くが痛みます。

さらに2週間を超えると膝蓋骨の周囲が固くなってきます。特に私は固くなりやすいのでリハビリを含めて1日3回はお皿マッサージをすることにしました。

あと腹筋、背筋、腕立てのトレーニングも再開してプロテインも飲むようにしています。

実習では身体診察ができないということで患者さんは当ててもらえませんでした。残念・・

退院のめども立っていい感じで進んでいます。

 

まあざっとこんな感じです。

高校の時の友達、後輩、バーのマスター、いろいろな方にお見舞いに来ていただいて感謝の極みです。

 

医学ネタも仕入れているのでまた書きます。

ACL仲間 その2

こんばんは、ぬーみんです。最近調子に乗ってアニメを見ながらリハ~~とかやってたのでポケットWi-fi通信制限を食らいました。現代っ子ぬーみんにとっては通信速度 = 元気のバロメーターなのでほのんまに鬱になってました。

がしかし、ここに救世主が!!入院患者用無料持ち込みPCネットコーナーなるものを発見して毎日占領しています。周りでPC持ち込んでいる患者さんを見かけないのでここは私の特等席ですね。

 

ええ加減医学ネタを投下したいのですが更新が億劫になるので、今日は最近新しく仲良くなったACL仲間について書きます。

 

まず先生。

自衛隊みたいな丸刈りのいかついT先生(おそらくリハビリテーション部の責任者?)。手を洗った後に拭いた紙をゴミ箱に投げて、入ってはどや顔をしてくる。まあ99%はずしてるけど。

大学病院1の輝くイケメン、王子(T先生)。王子って呼びかけると振り返ってくれるそうです。大学病院のパンフにも載っているそうです。残念ながら既婚です。

不思議系イケメンのY先生。ACL仲間のお姉さま方に「絡みにくい」「突っ込みどころがない」とかよくいじられてます。奥さんにスキー場でプロポーズして成功した次の日、調子に乗ってスノボで危ないことをして左薬指を骨折したそうです。結局結婚式は完治しないまま行い指輪も腫脹サイズだったので今はスカスカだとか・・この話を真顔でされて反応に困っている私をみて引かないで!!って言ってきたので「目が笑っていない」と先生に感想を言ったら、それがとどめの一言になってしまったようです。ごめんなさい、悪気はありません。

 

さてACL仲間。

某有名女子高の1年生。医学部志望。フットサルで2回ACL断裂を起こしている。私が医学生だって言ったら感動していました。いや、君のほうが賢いよ。この子の学年は現行のセンター試験最後の代だそうです。浪人すると新試験の勉強をやり直しになるそうで絶対に現役で通るしかないそうです。文科省、何ということをするんだ、高校生がかわいそうじゃないか!!

某有名私立大学のバレー部の女の子。背が高くてかわいいです。この子も2回目だとか。また切りそう~~~とか言いながらもうすぐ部活に復帰するそうです。もうあかんで。ちなみに再建腱採集部は膝1本に2か所(ハムストリング、膝蓋腱)、全部で4か所あるので理論上は4回までは切っても再建できることになります。が切らないに越したことはありませんね。

ACLではないけど膝軟骨移植のお姉さん2人。1人は体操をずっとやっていて半月板や足首など今回を含めて8回目の手術をしているというベテラン?さんです。どんなけ体操をしていたんやろうか。仕事柄朝に弱いので朝ごはんは抜いてもらっているそうです。夜の仕事・・?もう一人はハンドボール高校3冠の最盛期のメンバーで今回で3回目の手術のお姉さん。リハではいつも膝以外の筋トレもしています。復帰する気満々!

最後は某大生物系の研究室の助教のお兄さん(本人はおっさんやって自虐している)。細胞の中心体と染色体分裂の研究をしているそうです。中心体は紡錘体から伸びてくる微小管がくっついて微小管に引っ張られながら2つに均等に分裂しますが、中心体は2本の微小管がくっついていないとそれを感知して細胞分裂を止める働きがあるそうです。染色体欠損、重複して分裂した細胞は普通は死んでしまうそうです。お兄さん曰く染色体異常が入ってガン化するのは不運でしかないそうです。しかも後天的な染色体異常でガンになる場合、発症年齢は生殖年齢以降なのでガンになるのは仕方がないことだそうです。医療関係者に言ったらこっぴどく怒られたそうですが。

 

以上、最近の仲間たちです。そろそろACL的後輩がほしいところですが・・・ついに来週現れるそうです!!

術後7日目、学生実習復帰!!

ついに実習に戻ったぬーみんです。車いすで入院している病棟からカンファ室に通って今日からは実習に参加します。

それにしても忙しい1日だった・・

 

8:30 大慌てでレントゲンを撮りに行く。5階から1階まで往復してすでに疲れる。

9:00 5階の病棟に採決されに帰ってからカンファ室へ急行。この時点で遅刻。

9:05 到着。ほかのメンバーが担当の教官に病状報告をしてもらっている間、その患者さんのカルテを一緒に見せてもらいながら暇つぶし。患者さんの容態は思ったより病状が軽い印象。ちなみに患者さんのところに会いに行くのは「営業」らしい・・

次にOxford Case Reportをみんなで読む。全く医学英語できない。危機感を抱く。面白い表現としては

  • diverticulosis: 憩室症。ただの憩室ではなく炎症や出血をおこしているもの
  • shaking: 震え。感染症で高熱、意識障害、shakingが見られるようなら敗血症を起こしていることを想起すべし。
  • 腹部所見でcollection: 腹水。異常所見なしの時にno collectionと表現する。
  • rectal bleeding: 下血。直腸由来とは限らない。

患者さんに会うのはせめて松葉杖になってからって言われました。車いすの足挙上板が取れるのすら2週後なのにね

 

13:30 午後も授業。消化器の研究について熱く語られました。これだけは覚えておきたいこと。

  • 臨床を5年続けていると新鮮味なくなってマンネリを感じてしまう。そんな時に研究をしてみるのは理にかなっている
  • 研究に向いているのは人に言われなくても失敗を恐れず新しいことを何かやってみれる人。言われたことをこなすだけの人は向いていない。

15:30 リハビリに行く。今日からついに10度から75度の可動域訓練です。なんの苦も無く達成!!久々に足を曲げられて滞っていた血が流れだすが如く気持ちがよかったです。最近仲良くなったACL仲間は今度また書きます。

 

こんな感じで1週間がまた始まりました。ほとんど自分の時間がなく過ごすことになると思いますが、参加できる部分だけ参加してレポートを提出すれば追加ポリクリ無しで単位を出してくれるので大感謝です。

 

以降の更新はおもろい出来事、節目、医学ネタで投下します。

 

 

 

術後6日目

こんにちは、ぬーみんです。やっと週が明けて月曜日、と思ったら今日は怒涛の検査dayのようです。

 

2017/11/6

9:00 リハビリまでの時間までに実習メンバーに会って先生に挨拶をしようと思いつく。が実習場所が別館だったため諦める

 

9:30 リハビリ週明け1発目。筋力回復とリハビリの努力に対しては満点のできだけど、”お皿硬子ちゃん”らしいです。術後はとにかく膝蓋骨の可動性を確保することが拘縮防止に重要だそうです。アニメを見ながらまた頑張ります。

 

14:00 親が来る。洗濯物を交換してくれてプロテインを持ってきてもらいました。

15:00 MRI撮影。もう手慣れたもの、いつも熟睡しています。。だったのに足を動かしてしまった気がする・・

15:30 MRIから帰ってきて5分ぐらい部屋でふーって一息ついていたらCTに呼ばれる。いや、そのまま1階にいさせてよ、車いすでの移動は結構大変なんやで!!

16:00 CTから帰ってのんびりする間もなくお風呂、もう今日は疲れましたよ・・・

 

っていう忙しい1日を過ごしていました。

 

昔医学部受験から逃げるために放射線技師科や検査技師科を目指そうかとも思ったことがあるのですが、医学生の目で見ても患者の目で見ても医師とは全くちがう仕事なんだと感じています。撮影や検査に関しては職人のようなお仕事で患者さんを励ますチームの一員として欠かせないメンバーだとは思うのですが、検査結果に対して何の解釈を加えることもなく次々と作業していく立場なんだって。

術後6日目

こんにちは、ぬーみんです。やっと週が明けて月曜日、と思ったら今日は怒涛の検査dayのようです。

 

2017/11/6

9:00 リハビリまでの時間までに実習メンバーに会って先生に挨拶をしようと思いつく。が実習場所が別館だったため諦める

 

9:30 リハビリ週明け1発目。筋力回復とリハビリの努力に対しては満点のできだけど、”お皿硬子ちゃん”らしいです。術後はとにかく膝蓋骨の可動性を確保することが拘縮防止に重要だそうです。アニメを見ながらまた頑張ります。

 

14:00 親が来る。洗濯物を交換してくれてプロテインを持ってきてもらいました。

15:00 MRI撮影。もう手慣れたもの、いつも熟睡しています。。だったのに足を動かしてしまった気がする・・

15:30 MRIから帰ってきて5分ぐらい部屋でふーって一息ついていたらCTに呼ばれる。いや、そのまま1階にいさせてよ、車いすでの移動は結構大変なんやで!!

16:00 CTから帰ってのんびりする間もなくお風呂、もう今日は疲れましたよ・・・

 

っていう忙しい1日を過ごしていました。

 

昔医学部受験から逃げるために放射線技師科や検査技師科を目指そうかとも思ったことがあるのですが、医学生の目で見ても患者の目で見ても医師とは全くちがう仕事なんだと感じています。撮影や検査に関しては職人のようなお仕事で患者さんを励ますチームの一員として欠かせないメンバーだとは思うのですが、検査結果に対して何の解釈を加えることもなく次々と作業していく立場なんだって。

海外ではかなり問題視されているあの腸炎

こんにちは、医学生として学生実習に戻ったぬーみんです。

さすがに患側挙上車いすでしか移動できないため、患者さんと会うのはまだかなあって先生に言われました。ですよね。どっちが患者かわからんし。てかどっちも患者やし。

 

さて今日は国試でも出る、抗生剤投与で問題になる院内感染の腸炎、偽膜性腸炎についてです。

 

まず名前からですがQBでおなじみの白い偽膜が腸管にポツポツできることからこの名前が付きました。が、海外ではC.difficile-associated diarrhoea(CDAD)っていうそうです。偽膜の要素が全くない!!

実は後で出てきますが、消化管内視鏡で見える偽膜は診断のために証明する必要はないのです。

BJMやLancetのような海外のジャーナルでは1号に1つはCDについての記事があるほど問題視されている疾患だそうです。

 

偽膜性腸炎の原因菌は前出のC.difficile(CD)です。

概念:抗菌薬による菌交代現象でCDが大量に繁殖し、産出される毒素により腸粘膜が侵される疾患。

症状:水様性下痢、腹部鈍痛、腹部膨満感。重症例ではショック状態、低タンパク血症、中毒性巨大結腸症(収縮できないぐらいに疲れ切った腸。そのうち腸上皮が壊死して菌血症の原因になるため即手術が必要)、敗血症、死に至ることもある。

 

診断方法なのですが、yearnoteには下部消化管内視鏡で偽膜を証明することと書かれていますが、それは菌をまき散らすだけで逆効果だそうです。海外では偽膜にはそれほど重点が置かれていません。

一方重要な検査は便中のCD毒素を検出することです。培養ではありません。菌が存在することではなく菌が毒素出して悪さをしていることを証明す津必要があります。

 

治療法は保存療法が基本です。かなり難治性のようです。

  • 下痢による脱水を防ぐための輸液
  • 原因抗生剤の中止
  • 軽症ならメトロニダゾール、重症ならバンコマイシンを投与

 

CDは院内感染も起こします。入院期間が長い程発症する可能性が高まります。感染予防方法としては

  • 手を洗う
  • 患者の個室管理と専用トイレ
  • トイレでは蓋をして流す
  • 男性はできるだけ便座に座ってトイレをする、立ってする場合は勢いよくしない

が挙げられます。男性の皆さん、たちしょんはだめですよ!!

 

3連休、術後3-5日目

こんにちは、ぬーみんです。

世間ではみなさんは3連休ということで楽しんでいたのでしょうけど私はそれをTwitterで眺めるだけしかなかったです。あーあ。

本当に何もなかったのでまとめて書きます。

 

 

2017/11/3

リハビリもできるようになったし、ター二ケットのしびれも痛さはなくなってきたころ。まだ違和感は残っている。体を洗っていないからめっちゃ臭い

 

14時についにシャワーに呼ばれる。シャワー室の直前で全部服を脱いで車いすのままよ浴室へ。そのあと左足を手で支えてあげたまま右足で立って、その隙に看護師さんに椅子をいれてもらう。左足は台に乗せる。左足に負荷をかけないようにずっと力を入れてたので辛かったです。当面はシャワーが一大イベントになりそうです。

 

リハビリしながらアニメを見るとリハビリがはかどることに気がついてしまいました。退院までに何本消費することやら。

 

入院している人の中には腱盤断裂の人が何人もいます。右肩負傷の人をみていると聞き手を使えないほうがよっぽどADLが低いんだなって感じました。しかも肩の手術をできる医師のいる病院は少ない上に術後の安静期間も長いので完治までが相当長いようです

 

 

2017/11/4

おじいちゃんが変な咳をして熱があるから誤嚥性肺炎かもしれない、って両親が大騒ぎしていたそうです。幸いただの風邪で済んだそうですが。90歳を超えると何が起こってもおかしくないですね。

 

彼氏が来てくれたので2人で半分外のテラスでコンビニのカフェオレを飲みました。コーヒーなんて1週間ぶりです。ずっと病院にいたから気づかなかったんですけど、もうアイスで飲める気候は終わっていたんですね。寒い。

ついでに外の小さい庭にも出てみました。寒い。そういえば11月やもんね。押してくれる人がいるから調子に乗って坂を下ろうとしました。が、道が凸凹過ぎて車いすの足置きでガリガリーってこすってしまいました。しかも坂が急過ぎて途中で車いすから落ちそうになったり、車いす押してもらうのが大変だったり。病院なの施設がバリアフリーちゃうぞーー!

余りの重さにこの車いすって50kgぐらいあるんだねって彼氏にいわれました。ごめんね、あたしが重いの。

 

 

2017/11/5

特筆すべきことなし。気付けば痺れはなくなっていました。