バドミントン医学生ぬーみんの、目指せ復帰な日々

某大学の医大生が残り僅かのモラトリアムを楽しもうとした矢先の大けがを克服していくブログ(予定)

ACL仲間

8/31、サーバーがすべてリセットされる日にブログを書いているぬーみんです。(元ネタはアニメ、ゼーガペイン)

忘れるな、わが痛み。消させるな、この思い。ってな

 

某大病院のリハビリ科に通っているのですが、最近一緒にリハビリを頑張る仲間ができました(って勝手に思ってる)。名付けてACL仲間!!

構成員を大まかにグループ分けすると

  1. 中高生女子:ダンス、柔道(両足同時)、バスケ、バレー(過去に逆の足も手術している)など部活・授業中のケガ
  2. 中年女性:バドミントン、バレーなど社会人サークルでのケガ、滑ってこけた
  3. 男性(少数):バイク事故(80代の老人が運転する車が逆走してきてぶつかった)、アメフト(大男3人にタックルされた)

 という感じです。今のところ術後リハの人しか知りません。ACLは圧倒的に女性が多いようです。

リハ仲間が自分の足で動けるようになっているのを見ると自分もきっと治るんだっていう希望が湧いてきます。あと将来自分がどんな筋トレをするのかっていう参考にもなります。

そしてPTさんと実習生2人。PTさんは壮絶な過去があるようです。(後日書くかも)

 

ACL仲間で一番気になってるのはとあるおじさんです。この人は術後9か月で年齢は60歳近くの人です。驚いたのはなんと35歳下の彼女がいるということ。自分より若いぞ(いわゆるパ〇活?)。世の中に出ても恥ずかしくないマナーを身につけさせてあげたいらしいです。

この方はデザイナーをされているそうで今は有名大学教授の別邸のデザインを手掛けているとか。道具には人一倍こだわっているらしく、キーボードやマウスが壊れたら同じ型のを300個ぐらい買ってきて一番手になじむのもを採用するらしいです。1ミス15秒、積もれば仕事が遅れるっていう理論。仕事人ですなぁ・・・ちなみに何個か会社を作って節税するぐらいにはお金持ちみたいです。

さらにこの方の囲碁仲間に某大の医学部教授がいて、その先生曰く某大病院の病院としてのデザインは最悪らしいぞっていう話題も持ち上がりました。例えばエレベーターが2か所しかない、職員エレベータと緊急エレベーターが兼用、入退院玄関と救命センターの入り口が同じ、屋上ヘリポートから救命センター直通のエレベーターがない、など。まあ、ホテルのデザイナーがデザインしたらそうなるわけですねえ。

 

 

ACL仲間、今後も増えていくことでしょう。面白い出会いがあるといいなあって思ってます。