バドミントン医学生ぬーみんの、目指せ復帰な日々

某大学の医大生が残り僅かのモラトリアムを楽しもうとした矢先の大けがを克服していくブログ(予定)

OBの先生と相談

どーも、動かなくてお腹が空かないぬーみんです。

 

今日はお母さんに大学まで連れて行ってもらっていろいろ雑用を済ませてきたついでにバド部のOBの先生でスポーツ医学の先生にお会いしてきました。

ケガした時の状況を話してグリって音がしましたって訴えたら「あー、90%の確率で靭帯やなー」って言われました。あーあ・・・

 

24日の朝に正式に大学で見てもらって、昼からそのまま専門外来でも見てもらえるそうです。その担当の先生にしっかり口添えしていただけるようで・・ああ、OBの先生は神!!

 

手術もたぶん大学でやってもらえる、とのこと。ただ、前十字と半月板損傷の手術をした後輩は1か月術前リハをしてから手術だったらしい。歩けるようになるまで1か月はかかりそうだから・・・海外実習は結構ぎりぎりかもしれません。

 

なんと、勉強しに来た先輩と研究室バイトをしに来た後輩から差し入れをもらいました。モンスターとトッポ(笑)めっちゃ元気が出ました。